News

マツエクで目元美人に!


 

新型コロナウイルスの流行により、今後も当面の間はマスクが必須となることが予測されます。

これからののマツエクニーズは、いったいどうなっていくのでしょう。

 

マスクはこの先も必須?

新型コロナウイルスの流行が続く現在、感染拡大防止策としてマストになっているのが、マスクの着用ですよね。

新型コロナウイルスは直径5マイクロメートル以下(引用元:厚生労働省)の唾液などで感染するため、

飛沫感染はマスクで一定の防止効果があると考えられており、

感染している場合でも、飛沫感染による感染拡大を防ぐことができると言われています。

新型コロナウイルスのワクチンの開発も世界各地で進められていますが、

効果や人体への安全性を確認するのには、少なくとも1~2年はかかってしまうそう。

「マスクをして過ごす」ことは、当面の間マスト事項となるでしょう。

 

マスク着用がマストになってもマツエクは廃れない!?その理由は?

 

▶︎目元の重要性がさらに高まる!

マスクをしていると、見えるのは目元から上の部分のみ。

肌荒れや歯並び、顔のラインといった顔の下半分のコンプレックスが隠れ、

隠れていない眉毛と目、そして鼻筋に視線が集まることとなります。

これはすなわち、アイメイク次第で美人見せも叶うということです!

これまで以上にアイメイクの重要性が高まることが予測されますね。

目元をマツエクで美しく演出しておくことで、マスクをすればすっぴんでも外出可能になるかもしれません。

 

▶︎すっぴん率やポイントメイク率がアップ!

マスクをすると顔の半分が隠れてしまうため、すっぴんがバレにくくなりますよね。

すっぴん対策=マスクと言っても過言ではありません。

マスク着用が義務づけられると、これまでフルメイクで外出していた女性のすっぴん率が高まることが予想されます。

さらに、リモートワークが増えることも、すっぴん率が高まる要因のひとつ。

すっぴんとまではいかなくとも、目元のみのポイントメイクなど、しっかりメイクする必要はなくなる人も多いはずです。

必要メイク時間のさらなる時短を図ることに加え、せめてマツエクできちんと感を出したいと考える人もいるでしょう。

これを機にマツエクを検討するお客様もいるのではないでしょうか。

 

▶︎マスク×マツエクで重要なのは清潔感!

マスクありきのマツエクデザインを考えるとき、意識したいのは清潔感です。

マスクはそもそも医療品のため、マスクを装着する以上、ボリュームのある目元ではどうしても違和感が。

盛りすぎないナチュラルなマツエクデザインなら、マスクともバランス良く仕上がるでしょう。

 

新型コロナウイルスによる生活スタイルの変化により、メイクのあり方も変化を伴っています。

マスクを着けていても目元はとても重要ですね。

デザイン、カラー、種類もさまざまありますので、思い通りにメイクが出来ない分、

目元で遊んでみるのはいかがでしょうか。

 

 


和歌山でまつげエクステをお考えならeyelash H.R.Eにお任せ下さい。


店舗名:eyelash H.R.E(アイラッシュ エイチアールイー)

住所:〒640-8316 和歌山県和歌山市有家382-12 2F

TEL:073-488-4260

営業時間:12:00~21:00(最終受付19:00) 定休日:毎週月曜日・火曜日

業務内容:まつげエクステ