News

和装にも合うマツエクとは?


 

一生の記念に残る結婚式の前撮り撮影にはベストの状態で臨みたいものですよね。

前撮りの事前準備で気になるのが、マツエクをかけるタイミングですが、

一体いつ頃から準備を始めるのがベストなのでしょうか。

今回はマツエクをする際に最良のタイミングをご紹介するとともに、

前撮り当日まで綺麗に保つためのお手入れ法も解説します。

和装や白無垢に合うデザインもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚式前撮りのマツエクするタイミングは?

結婚式前撮りの当日をベストな状態で迎えるために、

マツエクをするタイミングとしては、前撮り当日の2~3日前を選ぶことをおすすめします。

マツエクは「グルー」という接着剤をまつ毛に付けることになります。

これが完全に固まるまでに約24時間必要なので、

少なくとも前撮りの1日前までにマツエクを済ませておく必要がありますが、

最も綺麗に見えるタイミングが、施術から2~3日後になります。

マツエクを付けるのが初めてという場合は、グルーが肌に合わずにかぶれてしまう可能性があります。

前撮り当日に目の周りが真っ赤になってしまうと大変ですから、

前撮りの1ヶ月前くらい前にサロンでパッチテストを受けることもおすすめです。

注意点として、マツエクはまつ毛が生え変わるサイクルに合わせて取れてしまいますが、

まつ毛は3週間程度で抜けることが普通なので、

「テストを兼ねて本番用としてマツエクをつける」というような、

早すぎる準備は避けるように注意しましょう。

和装・白無垢に合うマツエクのデザイン

ドレスの場合は多少派手で華やかなマツエクのデザインがおすすめですが、

和装の場合には上品さが感じられる落ち着いたデザインがしっくりきます。

上品さが際立つ「Jカール」

伏し目がちな表情を写真に収めたときに上品さが際立ちます。

毛先があまり上がらず、ナチュラルに仕上げられるという特徴があり、

和装ならではの奥ゆかしさを表現するためにぴったりです。

可愛らしさなら「Cカール」

もう少し目元を強調したいということであれば「Cカール」という選択肢もありです。

Jカールと比べると毛先が上がり、くるんとしたカールに仕上がりますので、

より可愛らしく、優しそうに見せられることがメリットになります。


和歌山でまつげエクステをお考えならeyelash H.R.Eにお任せ下さい。


店舗名:eyelash H.R.E(アイラッシュ エイチアールイー)

住所:〒640-8316 和歌山県和歌山市有家382-12 2F

TEL:073-488-4260

営業時間:12:00~21:00(最終受付19:00) 定休日:毎週月曜日・火曜日

業務内容:まつげエクステ