News

アトピー性皮膚炎が原因でまつ毛が抜ける!?


アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う皮膚炎を起こす皮膚疾患の一種です。

アトピー性皮膚炎の症状が目の周りの皮膚にあらわれた場合、

患者は強い痒みに耐え切れず、まぶたを強くこすったり、人によっては患部を叩いたりすることがあります。

するとその影響によって、まつ毛が抜けることがあるのです。

まずは主治医の指示に従い適切な治療を

アトピー性皮膚炎やアトピー性眼瞼炎によってまつ毛が抜けている場合、まずはその治療に取り組む必要があります。

治療により症状が緩和されると痒みが落ち着き、目元をこすったり叩いたりしなくなることで、

「まつ毛が抜ける」という症状についても改善できる可能性があるからです。

アトピー性皮膚炎は適切な治療を受けることで症状を緩和させられることが多い疾患ですので、

気になる症状がある方は医療機関を受診してみることをおすすめします。

日常生活の中で気を付けるポイント

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下しています。

そのため健康な皮膚であれば特に問題にならないような小さな刺激によって炎症を起こしたり、

感染症になったりすることがあります。

そこで毎日のスキンケアでは、皮膚を清潔に保つよう心がけましょう。

具体的には、以下のような対策が効果的です。

・毎日かかさずにシャワーや洗顔を行う

・低刺激性の石鹸を活用する

・汗をかいたらそのままにせず、洗い流す

皮膚のバリア機能低下を防ぐには、保湿も効果的です。

最近は肌が弱い人でも使える低刺激性の保湿剤が販売されていますので、

自分に合うものを探して1日2回くらいの頻度で塗布するといいでしょう。

ストレスと上手に付き合うことも大切

アトピー性皮膚炎は、ストレスとの関連性も指摘されています。

学校や職場での人間関係や、進路・昇進についての葛藤、多忙

といった心理社会的ストレスによる影響で、症状が悪化することがあるのです。

また、不安やイライラによって痒みが増幅して患部を掻きむしってしまったり、

反対にストレスから解放されてほっとしたときに掻いてしまったり…といった人もいるようです。

アトピー性皮膚炎やアトピー性眼瞼炎によるまつ毛の脱毛を防ぐには、ストレスと上手に付き合っていくことも大切です。

適度な気分転換をしたり、趣味に興じる時間を作ったり、ストレッチや適度な運動をしたりというように、

自分なりのストレス解消法を探してみてはいかがでしょうか。

それでも解消しきれないほどのストレスや不安、イライラを抱えている場合は、主治医に相談したり、

心療内科を受診したり、カウンセリングを受けたりするのもいいでしょう。