News

海やプールでのマツエクの注意点とは?


◇マツエクをつけてから最低1日以上は空ける◇

マツエクをつけて当日の海やプールは絶対に避けましょう。

エクステを装着する際に接着する専用の接着剤(グルー)は24時間で完全に固定され固まります。

つけたての状態はグルーが固定していなく取れやすいので最低1日以上は空けるようにしましょう。

◇海やプールで気づいたら日陰に行く◇

直射日光を浴びる時間は少しでも短い方がマツエクへの負担は減らせます。

海やプールで外にいる時間に日陰に入ることは難しいですが休憩している時などは

極力パラソルの下など日陰にいるようにしましょう。

◇コーティング剤をつける◇

マツエク用のコーティング剤を使用することをおすすめします。

コーティング剤はマツエクと自まつ毛の接着部分をコーティングしてくれるので海やプールの塩素や海水、

水分や直射日光からマツエクを守ってくれます。

海やプールに行く前はコーティング剤をこまめに塗るようにして外れやすくなることを予防しましょう。

◇長時間顔を濡らすのを控える◇

長時間濡れている状態はマツエクが取れやすくなるのでプールや海で泳ぐ場合もなるべく顔をつけないようにしたり、

泳ぐとしても短時間にするようにしましょう。

◇海やプールから上がったらすぐ洗顔◇

海水や塩素をすぐに洗い流した方が良いので海やプールから上がったらすぐに洗顔するようにしましょう。

この時もゴシゴシ目元は洗わずに優しくなでるようにして洗い、マツエクについた塩素や海水を洗い落としましょう。

オイルクレンジングはグルーの接着力を弱めてしまうので洗顔はオイルフリーのものを使用しましょう。

◇すぐに水分をふき乾かす◇

濡れている状態を短くするために洗顔後はすぐに水分を拭き取りましょう。

ゴシゴシ吹かないようにタオルやティッシュを使い優しくぽんぽんと乗せるようにして水分を拭き取りましょう。

もしドライヤーがあればドライヤーでマツ毛を乾かしましょう。

温風だとマツエクが傷みやすくなるので冷風を使います。

冷風を下から当てるようにして乾かせばマツ毛が立ち上がりビューラーのような効果を発揮します。

◇海やプールでマツエクが取れてもイライラしない◇

海やプールで取れやすくなってしまうのはしょうがないです。実際にかなり取れやすくなってしまう環境です。

それを理解の上でつけるようにし、

少しマツエクが取れてしまってもイライラせずにリペアしに行って直す!という気構えでいましょう。

◇こまめにリペアをする◇

夏場に海やプールに行けばいつもよりは絶対にマツエクは長持ちしません。

それを承知の上でマツエクをつける場合はリペアの頻度をはやめましょう。

スカスカな状態を少しでも短くするために普段のリペアの来店頻度を

海やプールに行く時期は5~7日早めることをオススメします!