News

まつげが抜けるのをどうにかしたい!〜対策④〜


代謝を上げる

まつ毛が抜ける原因として、加齢もあります。

ホルモンバランスの乱れ、発毛組織の老化、そして代謝が下がることなどからです。

代謝が下がって体によいことは一つもありません。

体全体の血流が悪くなることもあり、血液が滞りがちな目元にも悪影響。強いまつ毛が育ちにくくなります。

基礎代謝量のピークは16~18歳で、その後は下がる一方です。

意識的に代謝を上げることが、美容と健康、強いまつ毛づくりにも必要です。

代謝を上げる食生活

1日2ℓを目安に水を飲み、食事ではよく噛むことを心がけると代謝アップにつながります。

代謝を上げ、かつ強いまつ毛を育てるためには、たんぱく質とビタミンB群を毎日とること。

海藻・野菜などのビタミンミネラルももちろん必要ですが、それ以上に意識してほしい栄養素です。

たんぱく質は、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品の中から、バランスよく積極的にとりましょう。

ビタミンB群が多く含まれる食材は、以下の通りです。

▶︎ビタミンB1・・・うなぎ、豚ひれ肉、豚もも肉、玄米、そば、枝豆、たらこなど

▶︎ビタミンB2・・・レバー、うなぎ、納豆、アーモンド、卵、魚肉ソーセージなど

▶︎ビタミンB6・・・レバー、鶏ささみ、かつお、鮭、さば、いわし、バナナなど

特にレバーやうなぎは、ハリとコシのあるまつ毛を生やすために必要な亜鉛や、

貧血の女性に嬉しい鉄分も多く含まれています。

ジャンクフードやお酒はほどほどにし、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

体を動かす機会をつくる

代謝が下がる最も大きな原因として、筋肉量の低下が挙げられます。

1日5分でも筋力アップのための運動をするのが理想。常に背筋を伸ばし、お腹を引っ込めておくだけでも鍛えられます。

軽い運動を生活に取り入れるのもよいですね。

たとえば寝る前の柔軟体操やストレッチは、代謝アップに加え、安眠にもつながります。

通勤や買い物で、なるべく歩くのもよいでしょう。

「有酸素運動は20分以上」と聞きますが、20分以上行うとより効果が高まるというだけ。

3分でも5分でも運動の効果はあります。

体を冷やさない

体が冷えると代謝が落ち、代謝が落ちると体が冷えます。

悪循環に陥っていくので、とにかく体を冷やさないことです。

唐辛子やショウガ、ニンニク、ねぎ、にらなど、体を温める食材を意識してとりましょう。

腹巻やカイロなどを上手に使い、夏季の冷房による冷えにも気をつけます。

半身浴もおすすめです。全身欲に比べ体の芯からあたたまり、血行がよくなります。

37~40度程度のお湯に20分ぐらい浸かると、より効果的です。